体毛の濃い人と薄い人の違い。女性ホルモンと男性ホルモン

体毛の濃い薄いなどといった個人差には、アンドロゲン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)という性ホルモンです。
アントロゲンは、眉毛から下の体毛を発育させ、エストロゲンは頭髪の成長を促進させるのです。
体毛の濃い事で悩んでいる女性は、男性ホルモンであるアストロゲンが比較的多かったり
感受性が高い事も言えます。
思春期を迎えると、それぞれのホルモンの影響を受け様々な部位に毛が生えてくる。また、女性は更年期を迎えると女性ホルモンが減って男性ホルモンが増えるのです。

また、若い(小さい頃)から毛深い、または体毛が生えなかったりする場合には、多毛症などといったホルモンバランスの異常による事も多いです。

ずっと多毛で悩んでいた方が、病院にいって発覚することで、悩みが解消することが良くあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ