毛抜きの自己処理のリスクと注意点とは?

毛抜きの自己処理は、比較的処理跡がカミソリより綺麗になるものの、非常に面倒です。ワンポイントで、簡単になったり肌荒れを防ぐ方法としては、温かいタオルなどで処理する部位を温めておくと毛穴が広がって処理しやすくなります。
ただ、入浴中におこなってしまうと毛穴から最近が入りやすくなってしまうので注意が必要です。膿がたまってしまったり、赤くなって炎症が起きてしまったりするからです。
また、一本一本丁寧に毛を抜いていかないと、経験のある人が多いとは思うのですが、毛抜きで毛をひっぱると途中で切れてしまったりすると、なかなか毛が取れなくなってしまいますし、毛穴の中で切れてしまうと埋没毛になってしまい、毛が毛穴の中で渦巻いてしまう事も多々あります。このような時は肌を傷つけて外に出すのではなく、肌の角質を柔らかくし、肌表面を傷つけないようにしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ