脱毛クリーム、脱色剤での自己処理のリスク・注意点とは?

脱毛クリームと脱色剤であれば、毛は抜けないので、脱色する方がリスクが少ないと思いがちですが、化学反応を起こして脱毛をするという意味においては、アレルギーを起こしたり、かぶれや湿疹ができるリスクにおいては同じです。脱色剤も毛は薄くはなりますが、人によっては黒い色素が多い場合には金色になってしまう事も多く、肌へのリスクといった意味も含めて毛の処理をする前にパッチテストを行っておくことが大切です。
薬局などで販売されている脱毛クリームやムースなどといった商品は、毛のタンパク質がアルカリに弱い点に着目して薬剤を毛に塗布して皮膚の表面の毛を溶かしていきます。また、毛だけに薬剤を塗布することはできないので、知らない間に皮膚の保護膜も溶かしています。
また、皮膚から出てきている表面の毛の処理をするだけなので、継続的に処理をしていくことが必要なので、肌に合うか、トラブルは起きないか、アレルギーにならないかといった事もきちんと確認してから継続使用することが大切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ