脱毛ワックス・脱毛テープでの自己処理のリスク・注意点とは?

脱毛ワックスは、ワックスの液(ワックス剤)を肌に塗布し、固まったらビリっとはがすというものです。
こちらのリスクとしては、ブラジリアンワックスで結婚式前に背中を処理した肌の弱い人がなるように、赤く毛穴がポツポツとしてしまい炎症をおこしてしまったり、繰り返すことによって皮膚も傷んでしまったり毛穴が開いてしまう事です。
肌の弱い人だけではなく、肌がそれなりに強い人でも継続的に使用することによって何らかの肌トラブルを起こしやすい自己処理方法といえます。
痛みもあり肌トラブルも起こしやすい脱毛方法ですが、メリットとしては簡単に広範囲な部分が脱毛できるという事です。

どうしても、広範囲を短時間で処理したい場合には、肌に直接薬剤を塗るのではなく、何かガーゼなどを肌に乗せて、ワックス脱毛をすることで、皮膚への刺激を和らげる事で、肌トラブルを少なくすることができます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ