乳房や乳輪周りの脱毛は、医療レーザー脱毛と針の二段使いで

乳房や乳輪周りの産毛や、乳輪に生えている太くて
長い毛って、実は気になる人が多い部位ですね。

そこで、乳房や乳輪周りは、
医療レーザー脱毛で脱毛をしてしまうことをお勧めします。
この部位はデリケートな部分であるため、
出来るだけ自己処理ではなく、
専門の機関にしていただいたほうが、安心ですね。

特に、自己処理によって乾燥肌になってしまうことも避けたい部位ですので、
もちろん、乳房や乳輪周りというのは、産毛がほとんどですが、
医療レーザー脱毛であれば、そんな産毛もしっかり脱毛が出来ます。

そして、乳輪のムダ毛については、絶縁針での脱毛をお勧めします。
なぜなら、乳輪は色素が濃い方が多いからです。
これは、下着で摩擦が起こり、
それによって色素沈着が起こってしまうからです。
そのため、乳輪の色素が濃いのは当たり前なのですが、
そういう部位の施術が難しくなってしまいます。
そのため、絶縁針によるニードル脱毛となってしまいがちです。

どちらにしてもクリニックでしっかりと施術してもらえるため、
まずはクリニックへ相談へ行くのが一番安心出来るでしょう。

また、ニードル脱毛というと、痛みが心配ですが、麻酔をかけての施術が可能ですので、
こちらもしっかり医師に伝えて、相談をすることが重要ですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ