医療レーザー脱毛に副作用はあるの?

医療レーザー脱毛という脱毛方法は、
光脱毛に比べて、別格に脱毛効果が高くなっています。

その反面、副作用として1番に挙げられるのが、火傷です。
これは、レーザーの光が強いため、光の調整が必要になるからです。
この調整が間違っていると、火傷を負う可能性があります。
しかし、これは医師がしっかり個人個人に合わせて調節しますので、問題ありません。

またもう一つの副作用として、痛みが挙げられるでしょう。
しかし痛みについては、既に何度か記載しているように、
クリニックには医師がいるため、医療行為にあたる麻酔の施術が可能です。
そのため、「痛かったら麻酔もあるし・・・」という精神的な安心感もあり、
案外痛みは感じない、ということが多く見受けられます。

このように、医療レーザー脱毛というのは、副作用が大変少ない脱毛方法です。
しかもその副作用ですら、医師が施術をしてくれることによって、
解消されるという優れた脱毛方法。
なので、安心して脱毛できるというわけです。

タグ

このページの先頭へ