医療レーザー脱毛。クリニックごとに施術金額が違う理由

医療レーザー脱毛は医師が行う施術なので、
「どのクリニックで施術を行っても、同金額?」と勘違いされている方もいらっしゃいます。
しかしクリニックでの脱毛施術というのは、
病気を治すわけではなく、美容に関わる施術なのです。
そのため、健康保険を使うことが出来ず、診療料金が決まっていません。
いわゆる「自由診療」という部類に入るのです。
なので、クリニックごとに施術金額を変えることができてしまうために、
クリニックによって金額が変わってくるのです。

ただしこれは、美容のために脱毛施術を行う場合です。
もし「多毛症」と呼ばれる病気を治す、という場合には、
保険がききますので、だいぶ費用を抑えることが可能です。

ちなみに「多毛症」というのは、毛深いと呼ばれる状態とは異なり、
毛が男性のように硬くなる状態を指します。
もし「多毛症」かもしれない、ということであれば、
まずはクリニックでの診察を推奨します。

ということで、このような病気を治すのではない限り、美容目的の脱毛となり、
自由診療であるため、脱毛はクリニックによって費用が違うのです。

タグ

医療レーザー脱毛施術前、剃り残しがあっても大丈夫?

医療レーザー脱毛の施術を行う前には、施術部位のムダ毛を剃っておく必要があります。
しかし、VIOラインや背中のような、剃りにくい部位は無償で剃ってくれるクリニックが多く存在しています。
これは、自分で剃って傷を付けてしまっては施術が出来なくなってしまったり、施術に何かしらの支障が出てしまうことがあるからです。
そのため、「無理に自己処理をしないで下さいね。」というクリニックが多いのです。

とはいえ、どのクリニックも絶対に剃り残しは大丈夫、ということではないので、クリニックごとに確かめたほうが良いでしょう。

また、剃り残しへの対応については、クリニックへ体験に行く際に、絶対に聞いておくべき項目と言えます。
この部分がしっかりしているクリニックは、良心的なクリニックである、と判断しやすいからです。
そのくらい重要な項目なのです。

逆に脱毛エステサロンの光脱毛ですと、剃り残しの対処が親切でないサロンが多いですね。
このような点でも、クリニックでの医療レーザー脱毛のほうが、より良い、と言えるかもしれません。

タグ

医療レーザー脱毛のメリット・デメリットまとめ

今までの質問から、医療レーザー脱毛のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

≪メリット≫
・医療レーザー脱毛は、脱毛エステサロンで行う光脱毛に比べて、圧倒的に施術効果が高い。
・どの部位でも脱毛が可能なので、顔やVIOラインの施術も可能。
・ほくろがあっても、クリニックではほくろを除去する技術があるので、ほくろを除去してからレーザー脱毛することも可能。

≪デメリット≫
・光脱毛に比べると、効果が高い反面、1回の施術金額が高価であることが多い。
(最近は、脱毛エステより安い脱毛キャンペーンを行っている所も)
 ただし1回1回の脱毛効果が高いために、必要以上に施術回数を重ねる必要がなく、
最終的には脱毛エステサロンよりも安く済むことが多い。
・痛みは光脱毛に比べると強い。
 しかしその分、脱毛効果は光脱毛よりも格段に高くなり、
施術をクリニック行うため、麻酔をすることも可能なので、安心。

以上が、特に重要なメリットとデメリットになるかと思います。
しかしデメリットについては、「よく考えるとデメリットにならない」ということがお分かり頂けたかと思います。
結局は、医療レーザー脱毛なら、安心!という一言に尽きると思います。

タグ

医療レーザー脱毛に副作用はあるの?

医療レーザー脱毛という脱毛方法は、
光脱毛に比べて、別格に脱毛効果が高くなっています。

その反面、副作用として1番に挙げられるのが、火傷です。
これは、レーザーの光が強いため、光の調整が必要になるからです。
この調整が間違っていると、火傷を負う可能性があります。
しかし、これは医師がしっかり個人個人に合わせて調節しますので、問題ありません。

またもう一つの副作用として、痛みが挙げられるでしょう。
しかし痛みについては、既に何度か記載しているように、
クリニックには医師がいるため、医療行為にあたる麻酔の施術が可能です。
そのため、「痛かったら麻酔もあるし・・・」という精神的な安心感もあり、
案外痛みは感じない、ということが多く見受けられます。

このように、医療レーザー脱毛というのは、副作用が大変少ない脱毛方法です。
しかもその副作用ですら、医師が施術をしてくれることによって、
解消されるという優れた脱毛方法。
なので、安心して脱毛できるというわけです。

タグ

医療レーザー脱毛、いきなり全身脱毛するのは危険?

ほとんどの女性はムダ毛の処理に悩まされています。
そのため、「脱毛しよう!」と思った時に、「それなら全身を!」と考える方が多いようです。
確かに気持ちはわかりますし、「通うなら短期間で」という理由もわかります。

しかし、どのクリニックでも最初から全身脱毛の契約をするのは危険・・・というよりも、
「後悔するかもしれない」というリスクが付きまといます。
まずはこのクリニックで大丈夫なのか、
という部分を確認するために体験を受けることが重要です。

基本的にどのクリニックだったとしても、
効果や医師、看護師の対応は良いものであることがほとんどです。
しかし、もしかしたら・・・!ということもありますので、
出来る限り体験を受けましょう。

また、色々なクリニックで体験を受けてみて、どのクリニックが良いのか、
比較できるようにすることも重要です。
1つのクリニックだけで体験をして、
「何も問題なかったから、ここにしよっと」という感じで決めてしまうと、
比較対象がないため、後から後悔することもあります。
ですので、出来るだけ色々なクリニックで
体験施術をしてもらうことが必要、ということなのです。

タグ

医療レーザー脱毛でVラインの形を希望通りに整えられる?

Vラインの形は、ビキニを着たいという方にとって、とても重要な部分です。
また、恥部のムダ毛が下着からはみ出ていたりすると、勝負下着も台無しです。
そのため、医療レーザー脱毛でVラインの施術を行う方は、
Vラインの形を整えながら、自己処理をしなくて済むように脱毛を行う方がほとんどなのです。

なので、医師の方もVラインの一般的な形はわかっていますし、貴方に合ったVラインの形もわかります。
もちろん個人個人の希望もあるでしょうから、
Vライン脱毛の前に行う医師との相談は、
できるだけ細かく、しっかりと綿密に行う必要があります。

ただ一つ注意して欲しいのは、「1度脱毛がうまくいってしまえば
、ほとんどムダ毛が生えることがない」という、医療レーザー脱毛のメリットについてです。
このメリットは逆を言えば、脱毛後は形を変えられない、ということになります。
なので、後悔のないような形に整えるため、綿密な打ち合わせが必要なのです。

打ち合わせは恥ずかしい・・・という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし医師はプロです。
なので、恥ずかしがらずにしっかりとお話するようにしましょう。

タグ

妊娠中や生理中の医療レーザー脱毛は可能?

医療レーザー脱毛は女性の施術が多いため、
どうしても妊娠や生理は避けられない話になります。
そこで、妊娠中や生理中に医療レーザー脱毛が受けられるのかどうか、
という質問に対して答えていきたいと思います。

まず、妊娠中についてですが、この場合、
脱毛の施術は基本的には避けるようにしたほうが良いでしょう。
レーザーが胎児に影響を与えることはない、とは言われているので、

クリニックのよっては施術しても大丈夫です、とお話されることがあります。
しかし、「赤ちゃん大丈夫かなぁ?」と心配すること自体が、
母体の精神衛生上良くないので、施術は行わないほうが良いでしょう。
どのクリニックでも、休止手続きは出来るはずですので、しっかり確認をしておくと良いですね。

次に生理中の施術についてです。
こちらについては、VIOラインの施術以外は基本的には問題ありません。
女性ホルモンに医療レーザー脱毛が影響を与えることはありませんので、
安心して施術を受けてください。
ただし、VIOラインについては、衛生上問題がありますので、
どのクリニックでも施術日の変更をする必要が出てきます。

タグ

鼻下の産毛も医療レーザー脱毛で?

女性のムダ毛の悩みの中でも意外と多いのが、鼻下の口ひげの悩みです。
産毛とは言うものの、たまに太いムダ毛が見つかることもあり、
毛穴が目立つことが多いために、悩まれている方が多数いらっしゃいます。
そんな口ひげの悩みも、医療レーザー脱毛なら大丈夫です。

元々、脱毛というのは、ニードル脱毛が主流だったため、
口ひげの悩みは解消されずじまいになってしまっていました。
なぜなら、ニードル脱毛は毛穴に針を入れる必要があるからです。
そうすると、口ひげのまわりの産毛というのは、とても毛穴が小さいために、困難な作業となりやすかったのです。
また、ニードル脱毛の痛みというのは強いものなので、顔の施術はあまりにも苦痛が伴う、ということもありました。
そのため、基本的にはニードル脱毛では口ひげの脱毛はできない、ということだったのです。

しかし医療レーザー脱毛であれば、痛みもさほど感じずに口ひげの産毛を脱毛することが可能です。
この部位を脱毛することで、毛穴が引き締まりますので、とても化粧栄えするのもメリットです。

タグ

額(おでこ)の医療レーザー脱毛。自然にするには自分では難しい?

額が狭くてとても悩んでいる・・・という方もいらっしゃいますよね。
いわゆる富士額が額が一番綺麗に見える、といわれています。
最近は結婚式でも和装が増えてきて、より富士額の額が好まれるようになりました。

とはいえ、自分で剃ってみるとわかるのですが、
額を大きくしようと剃毛しても、産毛までなくなってしまいますよね。
そうすると、つる~ん!
としてしまって、なんだか違和感があるんです。

そのため、自分で剃毛するには、少し難しい部位になっています。
そこでクリニックの医療レーザー脱毛では、額の髪の生え際の形を整えつつ、
本当に生え際の部分は毛を細くしていき、産毛風に整えていくようにしているようです。

このようなことは、自己処理では出来ないですし、
ましてニードル脱毛・光脱毛でも不可能です。
そのため、額の形を整えるための脱毛であれば、
絶対に医療レーザー脱毛をお勧めします。

また、脱毛の施術はうまくいってしまえば、永久脱毛です。
一生毛が生えてきにくくなってしまうからこそ、
額の形を整える場合には、しっかり医師と相談をする必要があります。
ですので、自分に適したクリニックをしっかり選ぶようにしていきましょう。

タグ

両腕(肘下)の医療レーザー脱毛で、乾燥肌を防ぐ

どんな職業についていたとしても、制服がある場合には、どうしても半袖を着ることになる時期がありますね。
そのため、「いかに両腕のムダ毛処理をせずに、半袖の時期を凌ぐのか」というのはとても重要な話。

なぜなら、ムダ毛を自分で処理するとなると、乾燥肌になりがちだからですね。
なので出来るだけ、両腕のムダ毛を自己処理なしで過ごす方法を見つける必要があるのです。

そこで、医療レーザー脱毛での脱毛をお勧めします。
この方法であれば、5~6回施術を受けるだけで、両腕のお肌をつるつるにすることが出来るのです。
ですのでもちろん、夏の半袖の時期も気にせず両腕を出せるわけです。

また、冬場の合コンで、コートの下にノースリーブを着てしまう、なんてことも出来ますね。
冬は乾燥しやすいからこそ、あまりムダ毛の自己処理はしないほうが良いのです。
こんな時にも、脱毛をしておくと安心なわけですね。
ですので、婚活や合コンをするなら、医療レーザー脱毛は必須!かもしれません。

ただ気になる方が多いのは、赤みや腫れ。
ですが、医療レーザー脱毛による赤みや腫れというのは、
2・3日で引くことがほとんどです。
そのため、「明日、婚活パーティー!」なんて時には、施術は難しいですが、
しっかり調整すれば問題なくツルツルお肌でパーティーに向かうことが出来る、ということですね。

タグ

このページの先頭へ