背中の産毛脱毛も短時間で綺麗になる?

夏場になると気になるのが、背中の産毛。
しっかり処理していないと、
ちょっとした瞬間に見えてしまい、
恥ずかしいことになりかねない部位です。

しかし自分ではわかりにくい部位であるため、
処理方法も面倒ですね。
背中の産毛を自己処理するにあたって、
一番簡単な方法は除毛クリームですが、
この自己処理の方法は危険が伴いますので、あまりお勧めは出来ません。

簡単に除毛クリームの危険性について説明しますと、
除毛クリーム=タンパク質を溶かすクリームであることが、問題です。
お肌もタンパク質で出来ている以上、肌をとかす可能性もないとは言えません。
そのため、除毛クリームはあまりお勧めできないのです。

そこで、医療レーザー脱毛をしてみてはいかがでしょうか?
この脱毛施術をしてしまえば、水着もOKですし、
結婚式二次会でお呼ばれした時、背中が大きく開いたドレスだってOKですね。

背中という部位は、今までのニードル脱毛では、
広範囲すぎて脱毛できなかった部位ですが、
医療レーザー脱毛であれば、大丈夫です。

スピーディーな施術が可能なので、1回の施術時間は1時間もかかりません。
もちろん、カウンセリングやアフターケアの説明などなどを合わせると
もっと時間もかかりますが、施術時間だけ見れば、1時間とかからないのです。
これだけ短時間で脱毛が可能であるなら、一度試してみる価値もありますね。

タグ

脱毛は冬に始めた方が良い3つの理由とは?


冬 | WINTER / KΛ13

  • 紫外線(日焼け)などによる肌トラブルの心配が少ない
  • 夏ほどには自己処理を繰り返さないので、肌の負担が少ない
  • 各部位の毛周期を考えても、薄着になる頃には大分毛を少なくすることが出来る。

つい、面倒になって必要性がないと夏ちかくに
始めてしまいがちな脱毛ですが、
自分のお肌や、夏に綺麗な肌で居る為には
冬に始めるのが一番良いですね。

医療レーザー脱毛の人気ランキングはコチラ

タグ

脱毛が終わらないのは、何故?

「エステサロンに光脱毛に通っているけれど、いつまで経っても脱毛が終わらない・・・」
そうですね、エステサロンでよく使用されている
「光フラッシュ脱毛」は、なかなか効果が実感できませんよね。

効果を実感できても、長くは続かない事が殆ど。

いくらお金をつぎ込んでもまたムダ毛が生えてきてしまうのでは、
つるつるの綺麗なお肌はいつになっても手に入りません。

なぜ、光フラッシュ脱毛では効果が実感しにくいのか。
それは、光フラッシュ脱毛が「医療レーザー脱毛」の劣化版のようなものだからなのです。
適切な強さで光を照射するレーザー脱毛は、
医師免許のあるひとしか行えない医療行為です。

だから、医師のいないエステサロンではレーザー脱毛より効果の低いエステティシャンでも
行える脱毛として光フラッシュ脱毛を行っているわけですが・・・
出力が弱いので、効果が実感できないのも仕方がありません。

とあるクリニックの資料によると、医療レーザー脱毛の施術はどんな部位でも
8回以内で終了することが殆どだそうです。
終わらない脱毛より、終わる脱毛を!
つるつるお肌を目指して頑張りましょう。

タグ

医療レーザー脱毛でほくろに生えたムダ毛の処理は可能?

脱毛するうえで気になることの一つに、ほくろに生えた毛があります。
この、まるでほくろを苗床ににょろりと生えている毛は、
残念ながら医療レーザー脱毛で抜くことはできません。

というのも、ほくろの黒い色にレーザーが反応してしまい、
肝心の毛根部に届かずにほくろの部分にダメージを与えてしまうからです。
つまり、ほくろがあるためにやけどをしてしまうのです。

ですから、ほくろに生えている毛を処理する場合は、
まずはそのほくろを除去するから始めます。
あるいは、ほくろの部分だけレーザーがおこなわずに針を使った脱毛など、
他の方法での脱毛をおこなっていくようにします。

もし、脱毛と一緒にほくろの除去を考えているのであれば、
どちらもできる美容外科や美容クリニックを探すと一石二鳥です。

その治療方法としては、
電気メス治療や皮膚切除術などといった方法があるようです。
どの治療方法を選ぶかは、その後の脱毛も考えたうえで医師とよく相談して決め、
お肌に負担のないスケジュールを組んでいくようにします。

タグ

このページの先頭へ